フィナステリド配合薬は海外通販できる

髪を気にする男性

5α還元酵素阻害薬として利用されるフィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)の原因となるDHTの生成を抑制することで、薄毛の進行を抑え発毛へと繋がる効果があることから、AGA治療に使用されている成分です。
内服薬の医薬品として販売されており、日本でもAGA治療を行う専門のクリニックから処方してもらうことができます。
しかし、日本の医療制度の問題によって、AGA治療には保険が適応されず、医薬品の価格も全額自己負担となって非常に高価なものとなっています。
フィナステリドは1回飲んだだけでは治療には効果が現れず、実感できるのは6ヶ月は先と言われていることから、毎日の服用が必須とされています。
そのため、薬代だけでもかなりの費用がかかり、AGAを治療することは経済的に苦しいものとなります。そこで、少しでも安く購入したいという人が、フィナステリドのジェネリック医薬品を求めるようになっています。
例えばエフペシアやフィナロ、フィンペシアは通販にも売っているジェネリックなので値段もかなり安いです。
例えば国内販売されているフィナステリド錠は1錠あたり250円はかかり、半年間の使用で45,000円以上もの薬代となりますが、ジェネリック医薬品では1錠あたり25円前後で半年間の使用でも4,500円ほどと10分の1の費用で済みます。
こうしたことから、ジェネリック医薬品を求める人が多いのですが、国内での販売は認められておらず、海外での流通のみとなっています。
こうした海外で流通している医薬品は、入手する方法が無いわけではなく、個人輸入という方法で購入することが可能です。
厚生労働省でも個人輸入によって入手する医薬品は、個人が利用する範囲内であれば良いとされており、薬事法に抵触することなく購入できます。
普通に個人輸入をしようとすると様々な手続きが必要になりますが、個人輸入代行サイトなら、税関の問題や配送まで手配してもらえるので、こうしたサイトを利用すると良いでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ