ミノキシジルとフィナステリドはどっちが良い?

髪に関して心配する男性

AGA治療においてミノキシジルとフィナステリドは、どちらも効果的な治療法として用いられる成分です。
ミノキシジルは血管を拡張させる作用があり、頭皮の毛細血管まで広げることで血流を改善し、血液から空気や栄養が送られることで、毛母細胞を活性化させて発毛を促進すると言われています。
対するフィナステリドは5α還元酵素阻害薬に分類されており、AGAによる薄毛の進行の原因とされるジヒドロテストステロン(DHT)が、男性ホルモンと5α還元酵素によって生成される前に阻害することで、DHTを抑制して薄毛の進行を阻止する効果があります。
どちらも作用機序が異なり、お互いに競合することがないため、AGA治療では併用すると育毛および発毛に効果的だとされており、どちらが良いとは言い切れません。
ただし、薄毛の原因がAGAではない他の理由であれば、話は変わってきます。
AGAはDHTが生成されて高密度で頭皮に存在することで、毛母細胞に影響を与えてヘアサイクルを乱すことで症状が進行します。
そのため、フィナステリドを用いることでDHTを抑制し、ヘアサイクルを正常な状態に戻しますが、DHTが原因とならない薄毛の症状では、全く効果がみられません。
逆にミノキシジルは発毛に直接働きかける効果があるので、どんな状態であっても細胞が生きている限りは発毛の効果が発揮されます。
特に血管が収縮して細胞が弱まることで、ヘアサイクルが乱れた状況に効果的で、AGA以外の症状でも毛が生えてくる可能性に期待できるとされています。
薄毛の症状が現れたことで、専門のクリニックに受診したけれど、AGAとは異なる症状であると診断された場合は、ミノキシジルが有効である可能性があります。両者は異なる作用を持っているので、症状によって使い分けるといいでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ