髪に悩む男性

男性型脱毛症(AGA)の治療薬としてフィナステリドは、世界60カ国で発売されています。
先発品は、アメリカの大手製薬会社で、日本でも2005年にクリニックで処方されることが許可されています。
また、フィナステリド配合薬であるプロペシアが通販で買えるサイトもあります。
それほど認知度の高いフィナステリドですが、AGAには一体どのように作用するのでしょうか。
まず、AGAになるのは、男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素でジヒドロテストシテロン(DHT)になり,このDHTが皮脂腺の受容体と結びつき、皮脂を過剰に分泌させ、毛穴をふさぐからです。
したがって、AGAが進行しないようにするには男性ホルモンのテストステロンがDHTにならないようにすればよいので、そのために5α還元酵素の活性を抑えるフィナステリドを使用するとよいのです。
1日1mgのフィナステリドを24時間ごとに(食前でも、食後でもいいですが1日のうちの決まった時間に)副尚する事で、血中濃度が一定に保てます。
この使用法を続けると人によって差はありますが、早い人で3カ月ころから普通は6カ月ころから薄毛の進行が止まります。
最初の我が国の臨床試験においては半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年間で約78%の人に(20歳から50歳くらいまでの人において)発毛の効果が認められ、3年間使用で、20%の人に薄毛の進行が止まったと言う報告があります。
言いかえると98%の人に効果があったと報告されています。また発毛があっただけではなく、髪の質(太さや長さ)も改善されており、さらに頭頂部だけでなく、髪の目の生え際まで効果があります。
ただ注意すべき事は、毛母細胞の活性が既に失われている可能性の高い50歳以上の人の効果は、20歳から50歳までの人に比べてはるかに低い事です。
AGAの治療効果を期待するならばできるだけ若いうちから治療を始めるべきです。